屋外広告物、景観規制地域でも規制に準した最大限の看板製作行えます

屋外広告許可番号

福岡県 1669号 福岡市 2090633号
北九州市 2090456号 佐賀県 291号
熊本県 516号 熊本市 331号

webで看板デザインが出来る看板の無料見積もりはこちらの番号まで

福岡都心部 屋外広告看板規制の紹介

都心部、及び空港周辺地域の規制

交流拠点都市・都市機能の集積・創出を図る地域
2016/10/1 施行開始分
条例では、福岡都心部とは、御供所地区(供所町、呉服町)、天神、元岡地区、空港地域の事を指しています。
上記地域は屋外広告規則に準した看板を設置しなければなりません。

景観誘導の考え方の基本は、歩行者の安全を守り通行の妨げにならない看板設置を心がけなければなりません。



屋外広告物は主に落下事故を防止するために、突出物の制限を設けています。

色については、地区により異なりますが、都心部及び空港周辺地域では規制は設けられていません。

天神地区については、都市化に伴い今後、容積率の緩和見込まれると聞いています。
それに合わせ屋外広告物、景観規制等も随時変わると思われます。

屋外広告
2016年10月1日から見直しが入る箇所です。

屋上看板 :1000岼幣 壁面の1/20以下、1000嵬に 1/3以下かつ50嵬に

自立看板 :地上30m以下であれば面積等の制限は受けません。

袖看板 :建物からの出幅1.5m以内かつ道路からの出幅0.8m以内。下端高さ4.5m以上(歩道上2.5m以上) 面積は20岼米發箸覆蠅泙

袖看板については規制が厳しくなったといえる半面、壁面看板は規制が緩くなったと見れます。


※2017年4月からは、太宰府市にも市の条例が施行されます。(現行は福岡県の屋外看板施工条例が適用)

※条例がせていされていない市区町村は、福岡県の条例が適用となります。 屋上看板は現行法と変わりません。

鉄骨組み立てから仕上げまで福岡市の規制に沿った看板づくりをします

屋外広告

屋外看板を製作する場合、
配置計画、事前相談、許可申請、施工、工事完了、工事完了の届け出が発生します
弊社にご依頼頂ければ、上記の面倒な手続きも全て行います。

途中、広告物を変更する場合、変更届け出、更新許可申請なども発生しますが、全て弊社のスタッフが代行しますのでご安心ください。

屋外看板を設置するのには場所によってさまざまな規制を受けたり届け出資料が大量に発生します。

アサインメディアに任せて頂ければ届け出も含めてすべての業務を行う為、専門的な知識は一切必要ありません。

アサインメディア
TEL 092-985-3210